« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.27

*朝のひとコマ

今日は月に一度行われる「地域クリーンアップ作戦」の日です。午前8時半から9時過ぎまで、地元4町会の方々と台東区清掃事務所、センター等が一体となって清掃活動に取り組んでいます。
お天気はなんとかもちこたえてくれましたが、山谷の朝も冷え冷えと感じられる中、センターの正面と裏口には開門を待ちわびる行列ができていました。Iroha_2 Photo Gorakusitu Photo_2 25日(火)からセンターでは、年末年始に宿泊先を確保することが困難な方に事前の越年相談を実施しているので、2番目の画像のように朝の並びの列が長くなっています。3番目の画像はセンター地下1階娯楽室の入場を待つ方々ですが、裏手に回ると喧騒をよそに歩道上に寝入っている人も。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.21

*小春日和

昨日・今日と、爽やかな青空が一面に広がり、春のような穏やかな陽気は小春日和という時候にぴったりです。視界をさえぎる障害物さえなければ、遙か遠く富士山まで東京の空から目視することができる程なのですが、、、
残念ながらセンター屋上からも無理なので入谷の小野照崎神社へ足を伸ばしてみました。Ono_3 Asama_2 Photo_3 Photo_4こちらには模造の富士塚があり、高さ5m、直径は16mもあります。塚は富士の溶岩でおおわれており、1828年築造とされる原型が良く保存され、『下谷坂本富士』と名付けられています。昭和54年には国の重要有形民俗文化財に保存されました。普段は門が画像のように閉じられていて、6月30日と7月1日の富士山夏山開きの日だけ公開されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.19

*山谷堀公園

山谷という地名が残る数少ない場所である『山谷堀公園』では樹木の枝葉が赤や黄色に彩られ、落葉が公園中央の堀を絨毯を敷いたかのような景観を見せて、紅葉の美しさを満喫させてくれます。PhotoTakeya
始点となる今戸橋を越えて、隅田公園へ足を進めると『竹屋の渡し』の記念碑が築山の中ほどにあります。江戸時代は風光明媚な地として知られ、文学や絵画の題材となりました。
築山の頂上には隅田川との合流点であった山谷水門が姿を留めていますが、昭和47年に埋め立てられ、山谷堀は昭和50年に姿を消しました。 Photo_2  Photo_3 画像は水門が開いていた往時と現在の水門跡です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.14

*紅葉と緑と花

紅葉の名所と言われる場所は限られてしまいますが、山谷の街並みの中でも多少なりとも、季節の変化を感じることができます。外壁全体が緑に覆われた簡易宿所も上部から段々と色づき始めたようです。
一方民家では鮮やかな赤紫色に変化したお宅もあれば、たわわに果実を実らせた樹木が眩しいほどの緑を感じさせる家もあり・・・ちなみにセンターでは花いっぱい運動に加え、春先に向けて新たな苗を育てることにチャレンジしています。 Photo  Photo_2 Photo_3 Hikari_2 Nanntenn 画像は左上から簡易宿所、民家、ビジネスホテル玄関前の花いっぱい運動、センター屋上での南天の苗、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.11

*新たな息吹が・・・

先週末から厳しい冷え込みを感じさせる中でも、『花いっぱい運動』は地域住民の方々及び旅館組合のご協力により、季節ごとの新たな花々を咲かせて晩秋の街角に潤いと安らぎを与えてくれます。
環境に優しく、自然を大切にして人と触れ合いながら取り組む地域活動が街を活性化するきっかけになることと信じながら。。。「継続は力なり」ですよネ。Photo Photo_3 Photo_4 Photo 画像はセンター周辺の簡易宿所前に設置されたプランターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

*プレ酉の市・・・

世間一般では社会経済面では何かと暗いニュースが伝えられる中、『浅草酉の市』は神様と仏様が隣り合い、両方の「おとりさま」に商売繁盛、開運招福のご利益が願えるとあって、今年も例年以上の大混雑が予想されます。そこで一足お先に酉の市設営の様子を見に行ってきました。
すでに大小様々な熊手が陳列され、フライングかな~と思いつつ、じっくりと眺めることができました。ちなみに今年は11月5、17、29日と三の酉まで行われます。Photo_13 Ootori Photo_15 Photo_16 Photo_17 画像は左から酉の寺長國寺(三の酉の年限定の『火除け守り』を1,000円で発売します)、鷲神社境内、すでに売約済みの熊手、鶴や亀の縁起物熊手、ミニサイズ熊手、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »