« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.31

*地区交番

地区交番とは浅草警察署のホームページによると、事件・事故などが多く、処理が困難なため、通常の交番より規模を大きくしたものです。『山谷地区交番』は警視庁では永らく唯一の地区交番でしたが、11月1日より正式に名称変更がなされ、『日本堤交番』となります。
山谷地区交番は歴史を紐解くと1959年に交番として産声を上げ、翌60年には三階建てとなり、規模の大きさから通称マンモス交番として、およそ50年間旧山谷地区を管轄してきました。昭和41年に住居表示制度が施行され、地名としての山谷は消滅しましたが、40年以上その名を残していた交番です。Koban_2San101   Kannban 外観はまったく変わらず画像左上の通りですが、中央と左下を比較すると看板表示が変わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.28

*紅葉を前に・・・

現在、センターによる高齢者特別就労では1日当たり100人が3ヶ所の現場で就労しており、先週はその中の一つである代々木公園に現場視察に行って来ました。春先はお花見によるゴミの後片付けに追われっぱなしでしたが、今回はまもなく迎える紅葉の盛りを前にして歩道の清掃や除草に精を出して取り組むみなさんの姿が伺えました。
一方、園内は草花を愛でる方、昼寝やジョギングを楽しむ人々、幼稚園の遠足等の風景がのどかに広がり、こうした地道な清掃作業が都心のオアシス公園として気持ちよい利用を支えているのだとな感じました。 BusSeisou Photo_2 Photo_3 画像は、就労するみなさんの送迎バス、バラ園での除草作業、園内中央の池 、作業員の休憩所、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

*橋場その2・・・

旧総泉寺から隅田川方向に東南へと進むと橋場通りに出られるのですが、ここに「浅草名所七福神」として知られる橋場不動院があり、布袋様を本尊としています。表通りからでも入口が細い路地になっているので見過ごしそうですが、裏道からだとさらに見分けが困難に。。。 Iriguti PhotoYokomiti_2 Katei Nukemiti 社の左手には民家が建ち並び、細い路地が抜け道のように続いて家庭菜園も現れて きます。最後の画像は路地の出口から撮っていますが、一見すると行き止まり状態かと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

*台東区橋場・・・

隅田川に架かる白鬚橋まではセンターから約1kmの距離にあり、明治通りから南寄りの脇道に入れば橋場という地名の町に出ます。一丁目と二丁目しかない町並みですが、江戸名所図会には「都鳥の名所ナリ」と描かれ、隅田川を臨み、風光明媚な土地柄として有名でした。明治時代に入っても御邸町や別荘地として屋敷が建ち並んでいましたが、震災や戦災ですっかり様変わりに。。。
しかし今に残る史蹟・寺院も目にすることができます。その一つに平賀源内墓所があり、同時代の杉田玄白からも天才・異才の人と称されるほど多彩な分野で活躍しましたが、時代に適せず不遇の晩年を迎えたと伝えられます。Sekihi_2 Photo Syuku 画像は明治通り沿いにある石碑、源内の墓所だけが残る旧総泉寺と、その墓所、です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.17

*行楽の秋・・・

センターでは一昨日、職員による野宿者調査を旧山谷地域を中心に昼間及び夜間にかけて行いました。集計結果は先になりますが、前回の調査(H20年4月)では3年半で約40%の減少でした。一方、南千住駅を降り立つ人の流れには、外国人旅行者(バックパッカー)の姿が目立ち、年々増加傾向にあります。安価な料金で宿泊が可能で、外国人旅行者向けサービスを備えた宿泊施設が増えているからです。浅草へは徒歩で20分、漫画やアニメ愛好家御用達の秋葉原へは10分弱で、六本木にも乗り換えなしで行き来できる利便さも見逃せません。Photo Photo_2 3 画像は左から、着々と工事が進む南千住駅前再開発ビル、駅を降り立ち宿泊所に向かう外国人旅行者、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

*頑張っています!

先週、神奈川県海老名市にある『IHI(石川島)技術研修所』へ技能講習の視察に行ってきました。労働安全衛生法の有害・危険業務に指定されている作業については特別教育、技能講習、免許が必須とされており、これらの教育を受けるか、免許がないと現場では仕事になりません。
IHIの広大な敷地の中では、建設作業系に必要とされるほとんどの建設機械が備えられており、『玉掛け(クレーン等にモノを掛け外しする作業)』『クレーン』『フォークリフト』はトップ3の人気科目で、募集をかけると2~3日で定員が充足するとのことです。Photo Yama Photo_3 Photo_4 画像は左から教習内容の掲示板、敷地内、室内実習棟、その中での玉掛け講習実技、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

*時空を越えて その二

奥山の往来をそぞろ歩くと、江戸の昔をしのぶ<よすが>となるのではないでしょうか。伝統を受け継ぐものもあれば、今では時代の足跡を残すだけとなってしまったものも。。。
この空間に身を置くと、なぜかしら心が和むのは、浅草という土地と奥山風景を模した一つ一つに人の息吹が醸し出され、暖かな触れ合いを感じるからなのでしょう・・・ Photo_5 Photo_9  Photo_10  Photo_7 Photo_8画像は左から番屋前に置かれた竜吐水(放水ポンプ)と番屋内部、提灯の実演、矢場、はしごと半鐘です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

*時空を越えて・・・

10月1日より11月25日までの期間、浅草寺本堂西側一帯では『浅草奥山風景』と題して江戸の町並みを再現したイベントを開催しています。江戸時代には浅草観音本堂の北側から西側一帯まで通称『奥山』と呼ばれ、町民の娯楽場として大道芸や見世物小屋、水茶屋(湯茶を供する休憩所)などが店をひろげ、中でも伝法院付近に軒を並べた二十軒茶屋は有名だったそうです。奥山は現在も浅草六区としてその名残を受け継ぎ、人々を楽しませて呉れます。 Photo_9 Photo_10 Photo_11 1_3 画像は左から、大木戸南門、火見櫓、江戸の伝統芸や風物を楽しむ人々、イベントポスター、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

*年齢層別・・・

東京しごとセンターのサービスは年齢層別に各フロアに分かれて提供されています。1Fはシニア向け(55歳以上)、2Fがミドル(30歳以上54歳以下)、3Fがヤング(34歳以下)で構成され、それぞれのフロアが独自性のあるカウンセリング体制を敷いています。
その他に、再就職を目指す女性や定年退職された方々(高年齢者)にも就職支援のセミナーや講習等をサポートしており、働く意欲のある方には力強い味方となってくれるjことでしょう。Photo_3  Photo  Photo_2 Posuta画像は左から、しごとセンターの入居機関案内、シニアコーナー内の求人閲覧ファイル(一般・パート)、ヤングコーナー(ジョブカフェ形式)の入口、就職支援のポスター、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

*ワンストップサービス

総務省による労働力調査の速報によると8月の完全失業率は4.2%となり、2年2ヶ月ぶりの高水準で、雇用情勢の先行きに引き続き注意が必要、としています。センターで行っている職業紹介でも8月の求人数は前年より大きく減少し、厳しい雇用環境を実感している中、新たな可能性を求めようと、職員が『東京しごとセンター』へ視察に行ってきました。ここは仕事を探しているすべての年齢層の方を対象にきめ細かな就業相談やキャリアカウンセリングなどを行うセンターで、”しごとに関するワンストップサービスセンター”という特色を持っています。
ご存知でない方のためにご紹介します。所在地はJR飯田橋と水道橋の中間に位置し、初めて来所した方は1F『総合相談コーナー』で利用案内や適切な窓口の紹介を受けます。Photo_2 Photo_3 1f Photo_4 画像は左から建物の外観と1F入口付近、及び総合相談コーナーです。HPはwww.tokyoshigoto.jpを参照して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »