« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

*基本に立ち返る時。

色は 匂へど  散りぬる を
           わが 世誰ぞ 常ならむ

0001-02 0001-03

有為の 奥山  今日 こえて
      浅き 夢 みじ  酔ひも せず・・・

”その時”が徐々に、

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.30

*休息の夏へ

遅くなりましたが、先週火曜の、”夏期レクレーション入場券の配布”(=7/20発行の『ひろば』に詳細)の様子です。

IMG_0020-01

並んでいる方々は、一見乱雑に見えるのですが、、、

0002-01 0003-01

いざ配布となれば、混乱の無い行動に・・・。

休息とは縁の無いような、炎天下の行列でした。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.24

*勝負の夏を

ついさっき夏が来たような泪橋の交差点。

選挙と違い”毎日勝負”の清掃車やカン集め、アツくなりそう・・・

IMG_0058-01 IMG_0035-01

センター周囲の町内会の掲示板に、、、隅田川の花火の知らせを見つけてしまう、この季節。

そろそろと夏が、

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.23

*きっと未来とつながって

天の気に左右される、屋外での作業。

今朝の南千住5丁目は「梅雨空」ながらも雨は無く、JR常磐線の脇の道では予定通りの清掃作業。。。

IMG_0015-01
有権者に左右される、選挙が迫る美しい国。

他力で決まる選挙と違い、
願わくば、”自力で勝負を決めたいのが人生”ですが、、、

・・・つながっている、かも。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.20

*「 人生ヲススメ 」

日雇労働者に代わり、外国人旅行者を多く見かけるようになったセンター周辺・山谷地域、、、こんな親切な案内板があったりもします。

IMG_0125-01

この歩道橋を越えて!
(かつては道に迷った、なんて方も、居たとか居ないとか・・・)

。。。迷わずには 道を進めない 平成の世。。。

”確信ヲ探ス長イ旅ガ人生”、デスカ?

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.19

*人生の要素。

”長年生活してきて馴染みがあるから”=50.4%

これは簡易宿所宿泊者を対象とした東京都調査、
『山谷地域 -宿泊者とその生活-』 (平成15年)に寄せられた、「山谷での生活を続ける理由」への回答の一つ、であります。

IMG_0114-01
(梅雨空のセンター前で語り合う人々・・・)

昭和47年から4年毎に実施の調査ですが、
今年度実施されそうな最新調査には、どのような”声”が。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.18

*見える建物・見えぬベクトル

荒川区側からの明治通り。
台東区側の11階の現場が目に留まります。

IMG_0097-01 
・・・過ぎゆく車の流れの先には泪橋。

IMG_0090-01

旧南泉荘近く(南千住2丁目)の交差点角地では、下水道工事と7階建て工事が交錯中。

街全体が底上げされる、なんて方向は・・・

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.12

*今夏限定、駅前ひろば・・・

天候に左右されやすいのが「工事現場」ですが、

0011-01

見事に更地の南千住駅西口は、”嵐の前の静けさ・・・”、といった雰囲気すら。。。

IMG_0022-01

の日ながらもロータリーには警備員さんの姿。

見えないところで、着々と、工事は、、、

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.11

*先送りできること、と

当センターホームページで「グラフ表示」でお知らせしている、日々の『求人および紹介の状況』。。。

本日は、5月25日以来、、、久々に、”公共事業等の輪番紹介の仕事が全て雨天順延・・・”となってしまいました。

011-01

 梅雨が明けるのは いつごろ に

(センターからの浅草方向夕景。 明日はどうでしょう)

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.10

*126年分の功徳日・・・

有名な『ほおづき市』が行われている浅草寺(せんそうじ)。
特に本日7月10日に御参りすると ”四万六千日分の参詣に相当する” などと伝えられています。

IMG_0058-01 昨日ここで紹介した”空からお札”事件も、もしや後世にはお祭りになる、 といったことも無くは・・・

IMG_0069-01
・・・右側の文化講座は、具体的な御利益。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

*都市伝説、のような

”空から30~40枚のお札が降った”、と、先週金曜に報道されていた場所(言問橋の墨田区側)に来てしまいました。

0011-01

ニュース等では首都高速から落ちてきた、とのことでしたが、

(左が隅田川、右は墨田区側の隅田公園)

IMG_0022-01

本日は、上流からピラミッド、?・・・

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007.07.06

*変革の産物と副産物

日本堤1丁目の”解体現場”、です。

撮影地点の突き当りが「吉野通り」で、これを右に行くと浅草方向へ進みます。

IMG_0032-01 
この白いシートの内側には、佐原屋本店という酒屋さんがあったのですが、、、
解体後のこの場所は、どの方向へ進んでいくのか・・・。

(「建築計画のお知らせ」は未表示、でした)

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.05

*めぐる季節の中を -その16-

明治通りの「泪橋歩道橋」からの眺め。。。

IMG_0146-01 IMG_0167-01

昨年10月に枝打ちされた街路樹の葉も茂り、、、泪橋交差点の孤高のビルにも新しい仲間ができつつある状況です。

IMG_0183-01

こちらは南千住駅東口方面からの遠景。。。

「泪橋の場所」は分かり易くなりつつありますが、
「泪橋の位置付け」、というのは・・・

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.03

*アメイジング・グレイスを

”頭上を渡る 首都高速の車の流れ”・・・
”足元に横たわる 隅田川の静かな流れ”・・・

その狭間の一角に、人々が集まる姿が見えました。

IMG_0157-01

様々な流れに翻弄される現実の中に在りながら、何故かしら「生活の風」が流れているような、、、青い列の続く場所。

そっとして置きたいような時間が、ありました。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

*己の役割を知る瞬間

延暦10年(791年)坂上田村麻呂によって開かれたという、都電荒川線三ノ輪橋近くの地味ながらも由緒のある寺、”円通寺”。

ここに、幕末時代(慶応4年)官軍に敗れた「彰義隊」の本陣とされた黒門(旧上野黒門)が、同じく地味に配置されています。

0012-01 IMG_0101-01

調べてみると、、、
官軍が上野に放置した彰義隊のなきがらを、放って置けずに弔ったのが当時の円通寺住職であった、とのこと・・・。

何だか、放って置けないような話、でありました。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »