« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.30

*やはり、用途地域 が・・

南千住から見る、清川の現場。

調べてみますと、、、、、

-日本堤、清川の多くは ”近隣商業地域”
-明治通り、吉野通り沿いは ”商業地域”
-南千住の大部分と清川の一部は ”準工業地域”

(!ガスタンク周辺は工業地域でした)

要約するに、このあたりは、「大きなビルが建てられる地域」、でありました。

IMG_0433-01

旧山谷地域には、、、、、、

-第1種低層住居専用地域
-第2種低層住居専用地域、すら見当たらず・・・

都心なのだと、改めて感じる次第。

せめて壁色は、明るい「パステルカラー」などを、期待したいものです。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.29

*めぐる季節の中を -その6-

桜橋の北、台東区側の隅田川リバーサイド。

先月初めはまだまだ緑葉だった桜並木も紅茶色に姿を変え、微風に乗った時間の流れの現実感がゆるりと全身を包み込みに来るような、そんな深秋がついそこにまで近づいたことを感じます。

IMG_9901-01

IMG_9901-02

並木の周囲は隅田川の流れの如く僅かながらも確実に、大きな変化に呑まれつつあるのでしょうか。

次に待つのは、素肌を刺すような季節。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.28

*泪橋の、新しい色

南千住駅から歩道橋を渡り、センター方向に右手を進む風景。

センター職員やこの地域にお住まい・ご通勤等をされている方には馴染みの角度なのですが、、、
いつの間にかカラフルに・・という感じが。

Img_041001_1 

姿を現した「南千住三丁目交番」横の水色のビルを含め、
「サックス、レモン、アイボリー、、、」

想定外の”パステルカラー”が拡大中です。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.27

*火事があった場所・・・

日本堤一丁目、『いろは会商店街』の一角です。

さる9月24日未明”店舗兼共同住宅など6棟約600㎡が焼失”、と報じられていた場所のその後の様子。

商店街にもまだ暫くは冷たい風が吹き込みそうですが、再建は進行中でした。

IMG_0403-01

 

 

 

 

ちなみに当時の報道、、、
A新聞やT放送などが、”東京の山谷で火事・・・”と報じていたのが印象的でした。


山谷ではなく、日本堤一丁目。

景色も街もそのほかも、蘇ることを祈念して。。。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

*高速の下。拘束の外。

隅田川高速下。

センター周辺から明治通りの白鬚橋を渡って左折。
昨年3月公表された『墨田区ホームレス実態調査(墨田区)』において「白鬚橋地区」と称された地域の一角です。

20061001_2901

川を隔てたこの地域はいわゆる”山谷地域”とは称されないのですが、

56.7%は、以前には山谷地域に住んでいた、
35.3%は、山谷が近いからこの場所に来た、
、、この地域は、就労中心の山谷地域の存在が大きい・・・。

・・・そのような調査結果に想いを馳せれば、
「いつ訪れても整然とした雰囲気を感じてしまう」理由が、
わかったような気がしてきます。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.21

*地域限定?

清川2丁目、某所。

季節も懐も寒くなると、このようなモノには本能的に近づいてしまいます。

「80円より100円」という表示にひかれヨク見ると、
・・・何故か110円の商品もあったりと、、、。

IMG_0358-01

「80円より100円のがお勧め」!というコトなのか、
・・・らしいというか、不可思議な自販機で、、、。

それにしても左下の”銀缶のコーラ”、

地域限定商品かも、しれませんー。
(購入ハ見送リマシタ)

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.20

*求む・・ 空き缶

今日は今月初の雨の朝。。。
センターの輪番紹介である高齢者特別就労も、一部箇所を除き雨天順延となりました。

その一方、
時折見かける缶集めを生業とされている方。

おそらく、自らコツコツ築き上げた空き缶の回収ルート・・・。
天候不順や体調不良に甘んじることなく、独自の毎日が。

k003-01

慣れた調子で手早く回収、
次なる場所に素早く移動。

なんだか、、、
表彰状モノ的な活動をされているようにも。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.17

*再生の街に修正箇所

吉野通りから見る清川2丁目。

このあたり・・・
手前左、居酒屋アローの庇が新しくなっていたり、
正面奥、会津屋本店(白い網掛け)が”壁の塗り替えらしき”工事を始めていたりと、

センター周辺ではめずらしく、「解体・新築」でなく「手直し」の光景が見られます。

新たな建物の現場が多いせいか、何故かしらホッとする瞬間。

IMG_0355-01

ところで、正面の紅白の塔はNTTの施設なのですが、何か別のものにも、見えてきて。。。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.16

*紅葉の秋 ありました。

大通りの街路樹に、紅い葉を見つけることはできませんでしたが、
森と間違えそうな場所が清川2丁目にあります。

以前は「いなりや宿泊所」という名でしたが、現在は「ルマ、いなりや」という名で”営業されている”宿泊所。

建物だらけのセンター周辺で、少しばかり自然を感じる場所で。

IMG_0350-01


 

 

 

 

 

インドネシア語で「家」のことを「rumah(ルマ)」 と言うのですが、
何か関係があるのでしょうか・・・。

ちなみに、熱帯林でなく温帯の紅葉、で、ありました。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.15

*作戦、は、継続中!

昨年度から開始された『地域クリーンアップ作戦』も
お蔭様で二年目に入っております。
(昨年度の状況についてはセンターHPのフォーラムだよりでご覧になれます)

・・・紹介が必要ない程に根付いてきた感があるためか、、、
最近の様子についてはフォーラムだより等でご紹介する機会がありませんでした。

しかしながら”原則毎月一回第四木曜午前八時三十分~”
地域住民の方々を中心に、
クリーンアップ作戦は今年も着実に実施されております。

clup-01

 

 

 

今日の画像は4月から11月までの、毎月のお知らせ用ポスターの一覧ですが、
各月のポスターには「前回実施時の様子」を織り交ぜるなどしています。。。
(・・・画像が小さくて申し訳ありません)

!なお、祝日の関係で11月は第五木曜実施予定、です。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.14

*生活保護の事情

センターの事業案内等にも記しておりますが、
当センター周辺も様々な事情により、生活保護を受給しながら簡易宿所等を居宅にされている方々がおられるようです。

先月のニュースでしたが、、、
”2005年度の生活保護世帯数(月平均)が100万世帯を超え、過去最高となった”
というものがありました。

IMG_0343-01

 

・内訳は
「65歳以上の高齢者世帯」 43.4%
「障害者・傷病者世帯」      37.4%

・受け始めた理由は、
「傷病」         42.8%
「収入の減少・喪失」 19.5%

類似性があるような・・・。

ちなみに全国の生活保護は「受給者数」でいうと約147万人。
!これは京都市の人口とほぼ同じ・・・でした。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.13

*故なき、安心

秋空の下、穏やかに流れる隅田川。

『ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法』では、、、
”都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者”を、ホームレスと定義。

となると、、、住まいであれど「故なき小屋」なら、                                                    それは・・やはり。

IMG_0334-01

「いきものが安心してくらせるように・・・」の看板と川面に遊ぶ白い鳥。

センターでは「高齢者特別就労対策事業」の紹介人数が本日から増えましたが、
人が感じる安心感とは、就労を含め、社会に関わっているという実感、ではないか、なんて。

実りの秋・・・とはいえ、
「人」も「いきもの」も、安心し難い季節が確実に。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.10

*月はどっちに出ている、か。

ヒンヤリとした空気が流れる秋晴れの朝。

センター屋上からは月も良く見えるものですが、路上に立つとわからないものです・・・。

IMG_0313-01

月の自転周期というのは27.32日らしいのですが、これは地球の周りを回る公転周期と完全に同期。。。
このため、我らの地球から月の裏側を観測することはできないとのこと。

やはり、裏側がわからないだけに、神秘的なのでしょうか。

眺めていると、、、
ツキが回ってこないかな、なんて思いますね。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.08

*めぐる季節の中を -その5-

5月からセンター南側に建設中の”(仮称)ナカヨシビル日本堤”

完成した雰囲気ですが、ナゼか手前には安全第一の看板が。

きれいな建物にも注目ですが、                                       個人的には~歩道の段差が滑らかになった~事に意識が飛びました。

IMG_0182-01IMG_0283-01

国土交通省の 『歩道の一般的構造に関する基準の改正について』(平成17年2月3日)には、” 歩道の新設・改築の場合はセミフラット形式(縁石は歩道面より高く、歩道面の高さは5cm程度)とする・・”との記述。。。

いきなり「フラット」でなく、”セミ”フラット。
なるほど、そういうやり方も・・・

示唆となるもの、意外な処に、あるもので。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.07

*瑞光 を 探して

南千住6丁目は秋晴れの立冬。

道の先には、素盞雄(スサノオ)神社の西側の鳥居・・・。
IMG_0300-01

『延暦十四年(795年)荊石(けいせき)が微妙な光を放ち、その光のうちに翁の姿をした二神(スサノオノミコト、コトシロヌシノミコト)が現れて神託を告げたという。そのためその石は「瑞光石」と呼ばれ・・・』、、と、神社の案内には記されておりました。

ちなみに”瑞光”(ずいこう)とは、めでたい光、吉兆を表す光、のこと。。。

そのためか、荒川区側では小学校の名前をはじめ、各所に「瑞光」が降り注いでいる様子。

瑞光が明治通りを越えるのを待つべきか、
荊石を見つけて新たな神社を建立するか、

まずは、
玉姫稲荷神社のご神託を受けるべき、でしょうか。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.06

*神のみぞ知る?

あたり前のように11月になってしまいました。

同じ台東区の千束にある浅草鷲神社では、有名な「酉の市(とりのいち)」が始まったとのことですが、センター周辺、清川の玉姫稲荷神社前は”静かな秋”が流れておりました・・・。

0001-01

静けさとは裏腹に、早くも今月下旬開催の『靴のめぐみ祭り市』の大きな看板が掲げられ、まだまだ緑の葉のほうが多く残る神社の中で、ひときわ目立つ鮮やかな朱色を見せています。

ところで、、、神社の鳥居の左右に続く壁、にある白い柵なのですが、
ナゼだか、和というよりも、洋という雰囲気が。。。

参拝に行かれる方、ついでに、ご確認をっ。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.02

*並び、の種類

センター前では、応急援護や他の支援団体さんが行なっている炊き出しなどに、整然と並ぶ方々の姿を見ることがありますが、、、状況が状況だけに、どうしても静かな並びが多くなるようです。

画像は、少し離れた千束四丁目から見た光景。
土手通りをはさんで眺める、いろは会商店街アーケード入り口の様子です。

IMG_0282-01

いろは会商店街の昼下がり。
・・・入り口付近のお店屋さん。安いのか、品が良いのか、、、並んでいるお客さんも多く、なかなかの賑わいを見せていました。

賑やかな光景は、傍から見てもイイモノ、でした。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.01

*続けることは

ほぼ毎日、この、日記のようなブログを担当しているのですが、、、

・・・間違ってこのブログを読んでしまった方から、
”何だか「余計なお世話」な内容だなあ”、と指摘されても仕方が無いだろうな・・・と、 心の中が巨大なブルーに覆われるような瞬間もあるわけで。

ですが、なんだか少しばかり気楽になるような、緑色の案内が。

IMG_0276-01

 

 

 

 

 

 

かのマザーテレサも、
”愛の反対は無関心だ”と言われたとのこと。

とりあえず、関心の持続を目標に。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »