« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.29

*めぐる季節の中を -その2-

ベージュの壁が真新しいマリヤ食堂。

5月半ばの画像と比べ赤い鉄骨が姿を消した”新”マリヤ食堂は、その控えめな壁色とともに、既に周囲の景色に馴染んでいる様子。

先日まで向かいの仮店舗でやっていた弁当販売も、新しい食堂から再開していました。

IMG_0038-01


IMG_0207-01

 

 

 

 

 

そういえば、いわゆるイエスキリストのお母さまの名・・・。
カトリック教会では聖母マリア、と、東方正教会では生神女マリヤ、と、少し名前が異なっていたような、という記憶があります。

いずれにせよ、お地蔵様と同じく、やさしい存在を示す名であることは確か。だと。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

*長くして・・・

延命寺に鎮座されている「首切り地蔵」さま。
鉄道線路に囲まれたわかりにくい場所におられるのですが、その姿をわざわざ眺めに来る人もいるようです。

古来中国では”首”は”頭”の意味で使われ、「首席」という熟語があるように、最高位、トップ、を示すことも。

IMG_0029-01

 

 

 

 

 

先日新首相が誕生しましたが、首相は「首席宰相」の略称・・・。


地蔵菩薩は最も弱い立場にいる人々を優先的に救済してくれる存在だ、と言われていますが、首席宰相はどうでしょう。

時代が良い方向に向かうことを、待って、みま、しょう。 か。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

*サイキンの話

センター前では、朝の8:30から早朝結核検診がありました。
早期発見、早期治療に役立てていただきたいものです。

結核といえば、
結核菌の発見者としても名高い、ドイツのロベルト・コッホ(1843-1910)の名が浮かんできますが、日本の細菌学者である北里柴三郎が、かつてベルリン大学でコッホから学んだ、というのも、これまた、有名な話・・・。

IMG_0015-01

ですが、、、
北里柴三郎が尊敬する師のために東京都内に「コッホ神社」を建立していた!という話を知ったのはついサイキン。

結核と神社に関係があったとは。。。かなり驚きましたー。

ちなみに次回の結核検診は”玉姫労働出張所前”、とのこと。

「玉姫神社」ではありませんので、どうぞご注意を!!

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.25

*めぐる季節の中を

その素肌を露わにした泪橋の高層ビル。

IMG_0007-01

 

IMG_0404-01

 

 

 

 

 

7月半ばの画像と比べ画面左の「南千住三丁目交番横ビル」の伸びも激しいもので、さすがに景色の変化を感じるようになってきました。

”景色とともに季節もめぐり、乾いた風にも出くわす秋”

乾いた季節は-火の用心-なのですが、
一部で報道されたとおり、24日未明、いろは会商店街の一部で火事がありました。
(負傷の方がおられたそうで、大変お気の毒です)


火が危険だ、ということは、高層ビルでも路上でも変わりなし。

・・・心の乾きが火の元になりませぬよう。 に。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

*まわり道

住宅だけでなく、道路の工事も始まっていました。
・・・期間は2月まで、という表示が。

吉野通りへつながる比較的広い道なので、暫しセンター前を迂回路にする車が増えるかもしれません。 IMG_0002-01

道路工事では迂回路を示してくれるものですが、人生の地図が描き難い昨今の世相。

自分で探す方向が正しいのかどうか・・・。

とりあえず、信号が青だったので、、、
前に進んでみることに。。。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.21

*時間貸し、返済は誰に・・

センター周辺には虫食い状態の更地が多いせいか、コインパークもよく目に付きます。

”暫定的な土地を使い、暫定的な固有空間を時間貸し”

コインロッカーやドヤと近い存在、と言えなくも・・・。

IMG_0004-01

IMG_0006-01

IMG_0015-01

明治通り沿いのコインパークは遂に建設工事が始まりました。
泡沫(うたかた)のごとく、、、といった現実です。

IMG_0011-01

誰しも「どこか」から貴重な人生を時間貸しされているわけですが、

いつまでの貸しなのか?

という悩みに加え、
どこのどなたにどうやって返すのか?
・・・という、難問が立ちはだかってしまいました。

新tanto 記す

(利息もかなり膨らんで、多分大変なことに。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.20

*1日。田中小学校

センター近くにある”旧”田中小学校。
昨日お伝えした敬老会の会場はここでした。

このあたり、古くは「浅草田中町3丁目」と呼ばれていたようで、
その地名から田中の文字が校名に付けられた、と思われます。

昭和7年制定の校歌は♪富士と筑波を南北に・・・と始まっていましたが、
現在の周辺は、富士を隠すほどの高層住宅と筑波に向かう鉄道が。。。

IMG_0128-01

 

 

 

 


統廃合で閉鎖された小学校で敬老会、というのもまた、
時代の流れなのでしょうか。。。

ともあれ田中小学校さん。
敬老会のための1日を、ありがとうございました。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.19

*敬老会に!こまどり姉妹

先週土曜、山谷地域敬老会が無事に開催。

演芸会に「こまどり姉妹」さんが出演されることもあり、会場は大盛況。
歌と踊りは言うまでも無く、ステージでの話も息の合った軽妙洒脱なやり取りで、会場を大いに沸かせてくれました。

IMG_0485-01

他の出演者も素晴らしいステージを披露して下さいました。
また、開催に係わった大勢のスタッフの皆様方も、本当にご苦労様でございました。P9160055-01

P9160056-01

・・・撮影はやはり、”コマ撮り”中心と・・・させていただきました。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

*生来の酒好きへ

酒酔い運転が横行する、後ろ向きなニュースが流れる世相。。。

しかしながら、、、
センター周辺においては”酒酔い歩行の往来”という光景も。

0999-01

この先の交差点では、酔いながら赤信号を渡り始めた方が車にクラクションを鳴らされてしまいましたー。
(その後フラツキながらもドライバーに言い返す、という展開が世相とは違うのですが・・・)

センター利用者の方々の中にも、自動車免許を持っている方はおられるようです。

やはり、飲み過ぎには十分注意して頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

新tanto 記す

(飲酒によるインシュリン不足にも、どうぞご注意を・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

*将来の価値組へ

こども達が安心できないような、不安なニュースが流れる時代。

と思いきや、センター周辺には「時代の先取り」?と思えるような、安全を考えた管理をしている公園がありましたー。

IMG_0050-01

IMG_0049-01

!もしや別の出来事が発端となり、このような方法が考案されたのかもしれませんが、
ともあれ、今の世に何か参考になる事例、のようにも思えます。

センターも含め、この地域では日々様々な活動・施策が行われています。

「意外な方面から」であるとか「未来の世代から」であるとか・・・
何か『手本のようなもの』になる活動・施策が出てくることを願いつつ、

”眼前の ルーチンワークに価値を乗せ 職務に勤しむ長い月”
、、、で、あります。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

*水入り

雨の降る日が多くなってきました。

今月の朝、センター周辺が雨であった平日は、八日中、四日。
二日に一度の朝の雨は、日払い仕事にも大きな影響が・・・。

IMG_0058-01

かわって、
暑い盛りに配置したセンター周囲の植木鉢。

周囲の皆様のご理解ご協力、担当職員の日々の努力に加え、
適度な気温と雨水を受けて色鮮やかな花を開き始めています。

色々と膠着状態にあるとき、花を眺めるのも良いものかと。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

*一方通行

農水省の『地産地消推進検討会中間取りまとめ』に、、、、、
”産地からの距離は・・・(中略)・・・近ければ近いほど有利である。消費者と産地の物理的距離の短さは、 両者の心理的な距離の短さにもなり、対面コミュニケーション効果もあって、消費者の「地場農産物」への愛着心や安心感が深まる”
、、、、、という記述がありましたー。

IMG_0031-01

地域の農産物を地域の人達で消費する「地産地消」の動きが全国的に活発なようですが、この広大な隅田川貨物駅にも、 何らかの変化が訪れてきているのでしょうか。

センター周辺にも建設現場が多々あるのですが、農業と違い、地場からの作業員調達という動きは無い様子・・・。


代わりによく見かけるのは、ワンカップ片手に”地消”、している風景で。

ともあれ、、、、、、、、、、、

飲みすぎによる大事な稼ぎの雲散霧消には、くれぐれも気をつけて頂きたいものです。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

*気掛りな計画

数ヶ月前から「どうしても目についてしまう」単刀直入な貼紙。

穏やかとは言い難い文言に、初めはドキリとしてしまったものですが、最近では、理由や思いがハッキリ伝わる表現に、何か共感めいたモノすら沸いてきてしまいそうです。

ともあれ、良い解決方法が見つかることを陰ながら願う次第、であります。

IMG_0014-01

しかしながらこの貼紙。明治通りをはさみ、台東区側と荒川区側双方で目にします。

ということは!?
一町内会の範囲には収まらないほどの巨大マンションの建設計画でも、あるのでしょうか。

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

*研究の日々

どのような研究をされているのか・・・。

「研究する」、ではなく、『研究している・・・』、という、現実的・未来的な言い回しに惹かれるものを感じてしまう、のでしょうか。

容易に下ろせない看板を掲げる裏には、相応の決意が込められているのではないかと、時折ぼんやりと眺めてしまう薬局です。

IMG_0011-01

自身も継続的に「している・・・」ことがありますが、それが評価されるのか、とか、価値を見い出してもらえるのか、とか、不安のような悩みのような感情が無いわけではありません。

しかし”無心に「している・・・」”状態もいいのかな、なんて、このまま行くと、思えるようになりそうです。

(それがイイのかワルイのか、研究しないとわかりませんが・・・)

新tanto 記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

*見た目が9割?

『人は見た目が○○割』という本が結構売れているようです。

もしもタイトルそのまんまの時代が来ると、新tantoの人生行路は茨の道へと。。。


その茨の道の舗装技術を習得したいわけではありませんが、先日、講習施設「石川島技術教習所」にお伺いしました。

ここでは広い敷地に様々な建設機械が用意され、センターで申し込まれた方々のみならず、多くの方々への講習が行われています。

IMG_0597-01

 

 

 


!「見た目が9割」といえば(その名は少々ややこしいですが)やはり、無駄なく機能的に造られた”機械”のことでしょう。

IMG_0629-01

 

 

踏むのか掘るのか運ぶのか・・・かなり素直な道具達。

 

しかしながら、意図せずしてホームレス化してしまった方々もいらっしゃる平成の世。

どうか、”見た目”という言葉や尺度が、独り歩きだけはしないように・・・と、願う次第であります。

新tanto 記す

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

*光射すヤマ

転がり始めて早や半月。
・・・”このブログの継続的リリーフがいない”、ことに気がついてしまいました。。。
(三代目担当さんのワンポイントリリーフは可能らしいです、が)

ところで、この、リリーフ「relief」という単語。
救援、救済、といった意味の他、「生活保護手当」という意味も。

relief works=失業対策事業、なんていう熟語もあるそうで、、、、、、、この先、親密な間柄になれそうな単語ですIMG_0661-01

今日の画像は転がりながら撮影した、センター屋上8月某日の夕暮れ時。
『人間(じんかん)至るところ青山(せいざん)あり』・・・なんて気持になりました。

新tanto 記す

(やはりお天道様は見ているようで、転がり過ぎた新tantoは激しい腰痛に・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »