« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.31

*壁にむかって

旧山谷地域のことを「ヤマ」と呼ぶことがありますが、ヤマに欠かせないもののひとつといえば、やはりトンネルでしょうか・・・。

2006073101_1 

坂の無い平らな下町に、レンガに覆われた短くも風格のあるトンネルがあります。

暫く見ていても飽きないほど、なかなかに味のある場所でした。

自分が進む方向に大きな壁が存在したとき、何とかそれを乗り越えようといつも焦っていたのですが、、、。

身の丈に合わせて掘り進むという手も、ありました。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.28

*謎は変わらず、か

浅草の橋場町西側にあったという曹洞宗の古刹「総泉寺」(そうせんじ)の跡です。
というよりも、
かの”平賀源内の墓所”といった方がわかり易いと思います。

この、多彩な能力を様々な分野に発揮した著名人の墓所があるのは橋場二丁目。
(センターよりも、玉姫出張所さんの周辺、といった場所です)

IMG_0494-01

その後関東大震災で焼失した総泉寺は現在の板橋区に移転したのですが、ナゼか平賀源内さんの墓はここに残ったそうで・・。

源内と親交のあった蘭方医の杉田玄白らが小塚原の刑場において罪人の腑分け(解剖)を見学したことが、『解体新書』作成のきっかけとなったと伝えられていますが、そういったこととも何か関係があるのでしょうか。。。

実はこの場所、『国指定史跡』・・・。街は変われど、この場所とその謎はもしや、永遠に。

by  新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

*まとめて洗濯

久しぶりに”  晴れた  ”という一日。

隅田川の荒川区側から上流にある水神大橋方面を眺めていますが、川向こう、墨田区側の高速下のブルーシートの列には、ちらほらと洗濯物の色彩が目に付きました。

IMG_0487-01

小屋が無く、路上で生活せざるを得ない方々の洗濯事情、というのも、気になるところ・・・。
宿泊援護を受けたときなどに「まとめて洗濯するんだよ」と言われたこともありますが、実のところどうなのでしょう。

”日本を今一度洗濯いたし申し候”、とまではいかなくとも、

、、デッカイ洗濯、、なんて、、できないものでしょうか。

by  新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

*少しずつ、進みましょう

”ひろば7月20日号”でもご案内していましたが、本日は午後から夏期レクリエーションの引換券を配布しました。

センターには「元気な方、陽気な方、穏やかな方、元気すぎる方」等々・・いろいろな方が来所されますが、本日も蒸し暑い中、皆さん整然と順番待ちをされていました。

narabi-01

最近読んだ本の中に『裏社会の日本史』という作品があります。日本の方が書いたものではないためか、「どん○○○の街」とか「壁無き○○トー」とか、、、キツイというかツライというか、、、異なる視点からの表現が刺激的でしたが、明治以降の、豊かとはいえない労働者層や山谷についての詳しい記述があり、大変印象に残る一冊でした。

逆にこちらは淡々と・・・、とにもかくにも前向きな視点で、もう少し違う旧山谷地域の姿を、残せたら、と。

by  新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

*遅いのか、早いのか、

南千住2丁目。
東京メトロ日比谷線の高架下から、南側(明治通り方面)を覗いています。

画面右の元駐車場のスペースに作られるマンションは7階建てとのこと。

IMG_0462-01

今年一杯で工事が完了!と書いてあったのですが、、、まだ基礎工事にも入っていない、といった様子でした。
日比谷線高架の南側に建設中なので、日当たりの問題は無さそうなのですが・・・。

いざ工事に入ると、更地から5ヶ月くらいで完成できる、ものなのでしょうか?

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.20

*大橋さんの風景

『千住大橋』として親しまれ、隅田川に架かる千住の大橋さん。
400年以上の歴史があるというこの橋。今ある橋もかなり古く、立て替えられたのは昭和2年のことだそうです。

Wide2

今年満79歳となる大橋さんからの眺めはなかなかのもの・・・。

(継ぎ目があってすいません)
隅田川の流れと、まだまだ広い下町の空。 高い橋ならではの爽快感が残ります。

橋の袂には簡易宿所が小さく見えますが、
「ドヤもマンションも皆同じ。だけど景色は変わっても、毎日みんなの役に立つ、これで自分は満足だ。」
なんて、、、大橋さんが言いそうな、

そんな気がする橋の上でした。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.19

*土地だけが、サイクル?

清川二丁目。

第一旭館の解体を6月30日に紹介しましたが、その跡地です。

(解体前です)IMG_0292-01

第三旭館(こちらも既に廃業)の姿が見えるようになり、思ったより奥行きがあったのだなあ、、、と今更ながら気付きました・・・。 IMG_0436-01

捨てられた自転車はそのまんま、というのが、何ともいえず哀しい・・雰囲気でした。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

*南泉荘があった場所

明治通りから南千住二丁目方面を見ています。

雨が降ったりあがったりと、まだまだ梅雨空は続いていますが、かつて格安の宿として存在した南泉荘の跡地。ここの工事は終わったようです。

交差点で遠くを見つめている方の視線の彼方、・・・跡地に建った白いマンションがまぶしく見えました。

Img_042601

もしやこの方、今日の宿を探しているのか、、、後ろ姿が少し寂しく感じられます。

南泉荘のような存在は伝説となっていくのみ、なのでしょうか。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

*平均値の意味

巷のニュースでは”景気回復”という文字が目立つようになってきましたが、あまり実感が沸いて来ないと感じるのは何故なのでしょうか。。。

さて、14日の東京の最高気温は35℃でしたが、湿度は低く、平均湿度は66%。、、、横浜の72%、千葉の75%、秩父(埼玉)の83%、と比べると幾分凌ぎやすかった様子です。

しかしながら平均は平均・・・。
センター前で午後3時の職業紹介を待つ方々は大変に暑そうで、多くの方々は日陰に避難。自転車に乗った方も汗だくで通過して行きました。

IMG_0423-01

例えば「平均年収」の結果などですが、
ある10人の年収合計が4000万円であれば、単純な平均は400万円・・・。しかしこの中に年収1000万円の人がたった一人でもいれば、残り9人の平均は333万円に!  これでは、多数派の9割の人が”平均年収以下”とされてしまいます。

・・・実感が沸いて来ない理由がわかったような。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

*日本の標準

日なたに留まるのが危険な程に暑かった真昼の泪橋。
更新再開に合わせるか?のような、大きな青空が広がりました。

~このブログはニフティのココログというブログサービスを利用しているのですが、ここ2日間はメンテナンスにより記事の更新が出来ない状態でした~

IMG_0406-01

例えば年1回の健康診断などもそうですが、メンテナンスというか、現状確認というか、そういったことは面倒さもありますが、やはり大事なことです。

ちなみに今日は『日本標準時制定記念日』だそうで、なんと120年前に制定されていたとのこと。

・・・皆様がお使いのパソコン。内臓時計はいかがでしょう?

http://www2.nict.go.jp/cgi-bin/JST.pl

↑参考:「正確さを保障しない日本標準時」がわかりました!

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

*クロスオーバー

白鬚西地区に先月8日開園した、荒川区立瑞光橋(ずいこうばし)公園です。

この公園には入り江がありますが、これは明治時代に造られた、隅田川貨物駅(現JR貨物)と隅田川を結んでいた運河、の跡地だということです。

z-park-01

公園からは見えませんが、対岸の高速下にはブルーシート小屋が整然と並んでいます。
かつての水路と陸路の接点。居住者と生活者の接点になってしまうかもしれません・・・。

IMG_0379-01

・・・公園案内図の横に「気持ちよく利用するために」との表示がありましたが、既に、気持ちよさそうに寝ている方が一人おられました。。。

いずれにしても、ルールを守ってトラブルの無いよう、憩いの場が生活の場とならぬよう、公園が跡地にならぬよう、願う次第、であります。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.07

*願いごと

1階のポスターでもお知らせしていますが、センターでは6月30日から”利用者カードをお持ちの方への常用就職相談” を開始しています。

IMG_0371-01

IMG_0351-01

・・・後押しにと思い、就 職にご利益があるといわれる浅草の「被官稲荷神社」へ参拝に行きました。

( 『 ヒ を シ と発音する江戸っ子が、被官を”仕官”と読んだのが、ここで就職祈願をするようになった理由という。』(東京のえんぎもの:早川光) )

(、、、後ずさりになったら申し訳ございません)

センター周辺に取って返すと、現場はやはり増加中でした。

↓日本堤二丁目(明治通り沿い、閉店したコンビニの並び)

IMG_0367-01

↓南千住三丁目(吉野通り沿い、泪橋バス停裏空き地の隣)

IMG_0363-01

↓日本堤一丁目(センターと、いろは会商店街との途中)

IMG_0368-01

仕事は日雇から常用へ。建物は低層から高層へ。

この流れに乗って、利用者の皆様の所得も、少しばかり高層になりませんでしょうか・・・。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

*ラカン

人間の現実社会とは、ジャック・ラカンの精神分析によれば、”他者の群れの中に、多数派に属する自分の姿を何とか見つけようとするゲームである・・・”というようなものらしい、という話を知りました。

鋭い指摘ですが、厳しい話だなあ、、という感じです。

多数派でない人々であっても、多く集まればそれは多数派に。それゆえに同じような人々は集まりやすい、ということなのでしょうか・・・。

より良い生活のために人々が集まる事は、もっと本能的な行動であるような気がするのですが。。。

IMG_0329-01

ラカンで混迷してしまった自分自身を回復するために、今度どこかの静かな寺で五百羅漢でも眺めて来よう、なんて、、、

うっかり多数派に属する自分の姿を想像してしまった、白鬚橋の午後でした。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

*炊事か、車か、

南千住三丁目のバス停に近い丁字路。

ここは、この丁字路を右折後直進すると吉野通りに突き当たり、右折後すぐ次の信号を左折すると明治通りに突き当たるという、ちょっとした交通の要所で、大型トラックも多く見かける場所です。 IMG_0324-01

信号の先に少し空き地ができていますが、この先、この道、延長の予定があるそうです。

IMG_0321-01

交差点に表示してある計画図によると、絶妙なカーブで明治通りにつながる雰囲気ですが、ゴム会社のビルやガス会社のタンクがそびえ立つ方向に、上手に道路が付くのでしょう、か。

道路とガスタンク。公共と公共の膠着状態。まだまだ続きそうな気配です・・・。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

*いつか、風さえも

日本では偏西風(ジェットストリーム)の影響で、基本的に西から天気が変わっていくと言われます。

センター周辺もなんとなくですが、西側の三ノ輪方面から建物が変わっていくような気がしています。

P4040004-01

1枚目は3ヶ月前の4月4日。クレーンしか見えなかった泪橋交差点です。

これからは、これまでには無かった”ビル風”なんていうのも、吹き始めるのでしょうか・・・。

IMG_0317-01

このあと風が強くなり、大粒の雨が降ってきましたが、

風の向くまま、気の向くまま、そんな雰囲気さえも変わっていくような気がします。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.03

*四角い街

土手通りを前に「三ノ輪一丁目からセンターのある日本堤二丁目側」を見ているところです。
(信号機の表示は何故か”三ノ輪一丁目”となっていますが、、、)

横断歩道を渡ると、いつも気になる「建築計画のお知らせ」に目がいきましたが、目の前の倉庫らしき平屋、なんと9階建て!になるそうです。。。

IMG_0299-01

そのまま青いトラックがいた道に入っていくと、ここにも現場がありました。
こちらは既に工事中、8階建てに変身です・・・。

IMG_0301-01

4階建てのセンター・・・。

屋上からの風景がシカクイ空に囲まれる日は、もしやそう遠くないのかも、しれません。

頭と心は丸いまま、で行きたいところです。

by 新tanto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »